転移する癌を喰い止めよ|命を守る方法を伝授

悩む婦人

生活習慣を治すために

カウンセリング

十二指腸とは、胃と小腸を繋ぐ器官で、大人の指を横に十二本並べたのと同じくらいの長さがある事からそのように呼ばれます。この十二指腸にがんが発生した場合に十二指腸がんと診断されます。十二指腸がんは消化器官のがんの中でもとても発症率が低く、消化器がん全体の3パーセントくらいだと言われています。十二指腸がんは、初めのうちはほとんど無自覚であることが多いです。症状が現れると、腹痛や吐き気、貧血、体重減少などの症状が現れます。ですがこういった症状が現れている場合はステージ2程度まで症状が進行している場合がほとんどです。この症状は十二指腸潰瘍とよく似ており、十二指腸がんの場合は黄疸も症状として現れるので区別できます。

十二指腸がんを予防するには発症リスクを高める危険因子を遠ざけていくことが大切です。まず、十二指腸がんの発症原因で最も高いのは十二指腸内部にできたポリープの変異です。もし健康診断などでポリープが発見されたならば大きくなる前に切除したほうが良いでしょう。また、そもそもポリープを作らないような生活習慣を送ることが必要です。ポリープができる大きな原因として偏った食事とストレスがあります。食事の際は肉ばかり食べるのではなく、しっかり野菜も食べてバランスの良い栄養を摂ることが大事で、辛すぎるものやすっぱすぎるもの、また熱いものや冷たいものなど、刺激が強い食事も要注意です。そして、ストレスを感じた場合はこまめに解消させましょう。